ジール・アベッグについて

魅力、イノベーション、そして常に未来の一歩先を行くこと。これが、空気技術、コントロールテクノロジー、ドライブテクノロジー、オートモティブというコンピタンス分野でグローバルに事業展開している当社の要件です。1910年にエミール・ジールがベルリンで設立した当社は、当時すでに目覚ましい業績を収めていました。今日では、バーデン・ヴュルテンベルク州キュンツェルザウに本社を構えています。この地には、画期的な開発と未来を見据えた技術を生み出す開発・コンピタンスセンター InVentもあります。

高効率で、CO2排出量を削減する一流製品をお客様に使用していただくために、独自の発明を行う場所です。当社は高度な要件により、安定したバランス感覚、前提条件、次世代にも対応した住みやすい環境の保全(例えば、ブルーイヤー)と併せて、狙いを定めた成長、採算性、そして未来を設計しています。

ジール・アベッグは3,450人の社員、16ヶ所の生産工場、27の会社、97ヶ所の販売拠点を擁しています。