バイオニックコンセプト

フクロウの翼

自然あるいは生物学的プロセスからの認識を製品に転用することは、ジール・アベッグの開発部門に 偶然にもたらされたわけではありません。数百万年の年月が、時の流れによって自然を完全な状態に仕立て上げたのです。そのようにして、例えばファン FE2owletのブレード形状を担当した当社開発者は、最初にメンフクロウに取り組みました。この夜行性のハンターは、獲物を驚かせないよう、いわば音を立てずに移動します。飛行中の流動ノイズは、セルのような鋸歯状の前縁風切り羽根と上面の産毛によって消音されます。

この重要な認識を、鎌状の歯付きエッジ端を装備した新しいブレードプロフィールの開発に応用することによって、今日の世界で類を見ないブレード設計が生まれたのです。この革命的な開発は、同種のファンと比較して信じられなほど 効率的な流動作用、大幅に多くなった風量、際立ってわずかなノイズ発生により説得力があります。