Bionic concepts

自然あるいは生物学的プロセスからの認識を製品に転用することは、ジール・アベッグの開発部門に 偶然にもたらされたわけではありません。数百万年の年月が、時の流れによって自然を完全な状態に仕立て上げたのです。

生体工学上の認識を融合したインテリジェント技術は、未来のハイテク製品のキーです。


FE2owlet

生体工学的なブレード設計:世界でも類を見ないバイオニックブレード付き軸流ファン
夜行性のメンフクロウのブレード形状から得た重要な研究成果が、FE2owletファンの開発につながりました。その際に決め手となったのが、飛行中の流動ノイズです。この重要な研究成果によって、鎌状溝付きブレードと鋸歯状後端を装備したFE2owletブレードプロフィールの開発に応用することができました。これにより、同種のファンと比較して信じられないほど効率的な流動作用、パワフルな風量、際立ってわずかなノイズ発生を誇る独自のブレード設計を世界中に提供しています。


ZAbluefin

奥深いブルースチール:生体工学形状、波形、きわめて効率的、超静音
ジール・アベッグのエンジニアと技師たちは、ファンと同様に、海中で泳ぐ際にヒレを動かす課題を習得しなければならないザトウクジラをモデルとして、研究成果をZAbluefinの新技術に応用しました。最適な付随流を実現するZAbluefinは、特にヒレ前縁部にコブ(結節)があるクジラのヒレから特に成果を上げました。また、例えば後ろビレ(尾ビレ)のV字形曲線も、ZAbluefinの技術的導入に従って、カバー/ベースプレートに生じる空気流のあらゆる遮断を低減します。これによって、ファンを多くの圧力範囲要件で使用することができます。


ZAvblue

樹木のささやき声:より小型サイズで、さらに大風量に対応した遠心ファン
Cproホイールの実証済みのバイオニック・ブレードコンセプトに基づき、枝々が風や天候に耐える木の成長特性から得られた研究成果が、カバー/ベースプレートの突出部と端部において、ZAvblueの生体工学的ブレードデザインを完璧なものにしました。これを技術的条件に応用できた結果、幅広い効率範囲が大風量と相まって、最適な効率を実現しています。生体工学的な軽量構造の高効率遠心ファン ZAvblueは、プレミアム性能という称号を勝ち得たハイテクと自然の完璧な共生を表しています。


ZApilot

バイオニックコンセプト:より一層の効率性を実現するファンシステム
材料を節減する頑丈な軽量構造への模索によって、ジール・アベッグの開発者たちは働き蜂のように飛び回りました。開発者たちは極めて高い安定性を誇るハニカムを作り上げながらも、極度に低い重量を実現しています。あらゆる負荷が壁から構造全体に分散されるため、負荷が特定箇所に集中することはありません。六角形状が構造物の安定性に役立ち、空洞部のおかげで資源も節減されます。そのため、フローが最適化された懸架システムのハニカム構造が最高の安定性を確保し、同時に材料節減によりコストも最適化されています。