開発センター InVent

開発技術センター InVentは、3つの翼部に分かれています。中央のファン用エアー/ノイズ試験場、実験エリアを設けたモータ試験場、そして試験場にすぐアクセスできる開発チーム用のエリアです。壮観な最大級の翼部内にあるエアー/ノイズ試験場。ファンの微妙なノイズ測定時に振動と外部雑音といった周囲の影響を避けるために、1,250トンの重積載建設現場用トレーラーによってスプリング上でのみで支持されています。

試験場

時間当たり100,000立方メートルのエアー体積流量、そして3,000パスカル超の圧力が325トンの重い測定路によって生成されます。無響条件下のような測定では、音響学的に実質的な反射を発生させることはできません。暗騒音レベルは15,000平方メートルで15デシベルをはるかに下回ります。試験場の工程は認定を受けており、最高の品質基準が確保されています:

  • DIN 3745 クラス1に準拠したノイズ測定
  • DIN 24166 クラス1に準拠したエアー測定
  • テュフズードは 認定証 ISO5801 に
  • AMCA 210 認定証