システム部品

  • 運用コンデンサー
  • インレットノズル
  • フレキシブル吸気ポート
  • 防振ラバー
  • スプリング振動ダンパー
  • 吸気口グリル

詳しい情報については、[詳細情報] をクリックしてください

詳細情報 詳細情報

運用コンデンサー

1相モータの運転には、それに応じた寸法の運用コンデンサーが必要です。周囲温度は-25~+85°C。

インレットノズル

最適なインペラ接近流のために、インレットノズル付きファンが駆動します。亜鉛メッキシートメタル製仕様またはプラスチック製仕様、一部は体積流量測定用測定装置を搭載。

フレキシブル吸気ポート

プラグファンをフレキシブルに接続するため、弾性スペーサー付きの角形吸気ポートを使用することが可能です。繊維系材はポリエステル/PVC製、フレームは亜鉛メッキスチール製です。最大許容温度は80°C。

防振ラバー

固体伝搬音防止用のスプリング振動ダンパーの代用品です。防振ラバーは絶縁効率が低いものですが、特定の設置方法で利点をもたらす優れた減衰特性を有しています。ファン回転数が高く、下部構造が硬い場合、防振ラバーで十分であることが多いものです。

スプリング振動ダンパー

固体伝搬音および振動が、設備と建物に伝わるのを防止するためのものです。絶縁効率が高く、 相応に高いばねたわみ性があります。

吸気口グリル

ファンは、空調/換気/脱気設備向け部品として設計されています。必要なすべての保護装置を取り付けた後で、初めて運転させることができます。吸気口または排気口に手が届く場合は、保護装置をファンに取り付ける必要があります。

ダウンロード

  • Radialventilatoren_Hauptkatalog_Teil_2_2013_02-01_DE_de.pdf
    Radialventilatoren (48 MB)
    Hauptkatalog Teil 2, Ausgabe 2013